百人一首を万年筆で書いてみました

満寿屋, 百人一首

このたびは ぬさもとりあへず 手向山
もみじのにしき 神のまにまに
菅家 菅原道真

百人一首

月見れば ちヾにものこそ かなしけれ
わが身ひとつの 秋にはあらねど 

大江千里

百人一首

吹くからに 秋の草木の しをるれば
むべやまかぜを 嵐といふらむ
文屋康秀

満寿屋, 百人一首

いま来むと いひしばかりに 長月の
有明の月を 待ちいでつるかな

素性法師

 

満寿屋, 百人一首

わびぬれば 今はたおなじ 難波なる
身をつくしても あはむとぞ思ふ

元良親王

満寿屋, 百人一首

難波潟 みじかきあしの ふしのまも
逢はでこの世を すぐしてよとや
伊勢

満寿屋, 百人一首

住の江の 岸による波 よるさへや
ゆめのかよひ路 人目よくらむ

藤原敏行朝臣

百人一首

ちはやふる 神代もきかず 龍田川(たつたがは)
からくれなゐに 水くゝるとは

在原業平朝臣

満寿屋, 百人一首

たちわかれ いなばの山の 峯におふる
まつとしきかば いま帰りこむ (

中納言 在原行平

本当に久しぶりの投稿です、こちらも少し真面目に更新しようと思っています

満寿屋, 百人一首

君がため 春の野にいでて 若菜つむ
わがころもでに 雪は降りつゝ

光孝天皇