トラベラーズノートのペンホルダー

トラベラーズノートのペンホルダー

トラベラーズノートを常用として使うにあたって、ボクが一番物足りないのはペンをどうやって持ち運ぶかという点です

万年筆を常用しているボクにとって、トラベラーズノートの標準のペンホルダーはとてもとても心もとなくて、使う気にはなりません

皆さんどうしているのか、ネットで検索をしたり、自分なりにどうなったらいいんだろうかと悩みに悩んだ末に、出した答えはこうなりました

  • トラベラーズノートの表紙はオリジナルがいい

絶対的な条件としては、カスタマイズは最小限にして、できるだけオリジナルのトラベラーズノートのままがいい

何のことはない、表紙を作り直してしまえばいいのでしょうが、それば絶対にやりたくありませんそれではトラベラーズノートではなくなってしまいます。さらに表紙に縫い付けることもやりたくありません。

そこはボクのこだわりです

  • 使う筆記具は2本以上持ち歩きたい

つまり、普段使っているブルーブラック系の色の他に、赤系の色のペンも常に持ち歩きたいと思っています

つまり、トラベラーズノートを限りなくオリジナルでペンを2本持ち歩くには、トラベラーズノートとペンケースを別々にして、それを何らかの方法でつなげばいいのではないかということで、紐付きのペンシースを作ってみました。

これだと、オリジナルのトラベラーズノートのままで万年筆を2本持ち運ぶことができます

もちろんトラベラーズノート側は何も加工していません、表紙を閉じるゴム紐だけは外しました

コバ処理

前回、kaweco 用のペンシースを作ったときのコバ処理をどうするかという問題ですが、解決方法の一つとして、レザークラフト教室の先生に相談したところ FENICE(フェニーチェ)というコバ処理剤を使うことを勧められて、早速使ってみました

ニュートラルという、下地剤を塗ってから、同系色の色を3回ほど塗ると、おおっ!なるほど良くなりました

これは使えそうです

課題

唯一、不満な点があります

トラベラーズノートのドレスアップの一つチャームが今回つけていないこと点です

Web上では、皆さんステキなチャームを付けています、ボクも色々と物色をしているんですがなかなか思い通りのものが見つからないので、つけていません

さらに、紐の先端を結んだだけにしましたが、yurie さんのペンケースのように玉をつけるともっと良くなると思います

少しずつブラッシュアップしていこうと思います