無印良品 アルミ定規15cm

無印良品の文房具の象徴的なものに、アルミ製の文房具たちがあります。ペンケース、カードケース、筆記用具などがありますがそのなかでこのアルミ製定規がもっとも知られているのではないでしょうか?

この定規を使っている理由

この定規は、ボクの使っている無印良品の文房具の中でも、最も長く使っているものの一つです。いつから使っているかって…、分からないくらい長く使っています。気に入っている点は

  • 目盛りが角から始まっているので、ちょっとしたモノの寸法を測るのに便利
  • 見た目が美しい
  • アルミ製なのでカッターを使うときに便利

です。特に目盛りが角から始まっている点は、初めて見たときに「これだ〜ッ!」と言うくらい感動しました。

カスレた目盛り

アルミ製なのでとにかく丈夫ですが、残念なことに目盛りがスリ減ってきました。この定規は3代目で5年ぐらい、ほとんど毎日使っています。
今は、新聞を切り抜くためのカッターのガイドとして使っているので、まだまだ働いてもらいます。
先代はボクの娘がこれを一目見て、欲しがったので譲りました。文房具好きの大人に育ってくれたらいいなぁと思って、喜んで譲りましたが、思ったほど文房具にこだわっていません。残念です。

謎のミゾは何のため?

この定規についているミゾは何のために付いているか、みなさんは知っていますか。これは直接定規に当てられない、筆などで直線を引くときに使う「溝引き」という技法のためにあるそうです。
このミゾに、先端が丸くなっているガラス棒と筆を使って直線を引く技法だそうです。

http://www.ediplex.com/blog/?p=955

このサイトに、使い方が描かれていますので、興味のある方は見て下さい。