裏うつりしないルーズリーフ A5・5mm方眼

2018年1月8日

最近、万年筆での筆記がほとんどなために、ノートは万年筆にあわせてちょっと背伸びをして、LIFEのNOBLE NOTEばかりを使っていました。

メモ帳までも、満寿屋だ丸善だという有様です。

今年一年、沼人と言われる方々に比べると、その程度でと言われるかもしれませんが、軸に結構お金を使い、さらにまだこの先欲しい軸があり、それを買うために節制をしてます。そこで、ノートもメインのノート以外は少し安いものを使おうといろいろと物色した結果。

無印良品の「裏うつりしないルーズリーフ」A5・5㍉方眼を使うことにしました。

現在、Pelikan スーベレーン M800のMニブを育軸中です。とにかく、「書く」ために以下の条件のものを考えました。

  1. 裏写りのしないノート
  2. 縦書きの練習を兼ねての筆記なので方眼紙がいい
  3. もちろん、ある程度の書き味の良い物
  4. 枚数の少ないノート、またはルーズリーフ
  5. 価格が安いもの

どんな字を書いているのかは、春秋の要約を見て下さい。

まだまだですね、お恥ずかしいですが、このゆるい投稿を見続けていただければ、いつか突然にこんなに時が上手くなったんだな…(何時の事だろう)なんて思う日が来るのではないかと思い、くじけずに書き続けています。

さあ、今日もまた、めげずに書こうかな。